雲居の雁(2世)
雲居の雁

 2006年2月2日、屋久島生まれ。福岡県福岡市に住む救助犬の父犬と、屋久島に住む救助犬の母犬(甲斐屋久の夏姫)との間に生まれた生粋の甲斐犬(♀)。天然記念物として甲斐犬愛護会に登録。2009年および2013年、富山で行われたDRDA救助犬審査会に参加し好成績を修め合格。2011年3月には東日本大震災による被災者捜索に出動。またエコツアーに同行して救助犬の広報、宣伝のために一役買っている。ツアー参加者や周りの観光客からは雁がいることで場が和む、癒されると大変喜ばれている。リーダーに対しては絶対服従で、他人に対しては基本的にフレンドリーだが馴れ馴れしくはない。息子がFCIフィンランドおよびエストニアチャンピオン、他近親の賞歴等多数あり。

雁の健康管理と訓練日誌

【犬名】血統登録名=雲居の雁(くもいのかり) 呼び名=かり
【毛色】黒虎毛(黒約9割、茶約1割)
【肩高】46cm
【体重】約17kg
【尾型】差尾
【特技】被災者、遭難者を捜し出してワンワン吠えて知らせる。屋久島の急峻な山、沢にも十分適応しており、角度60°の梯子でも上り下りできる。水泳も得意。
【嗜好】ドッグフード、魚、パン。
【犬籍登録・所属団体】NPO法人災害救助犬ネットワーク、甲斐犬愛護会、屋久島救助犬協会
【出動・実績】2008年1月29日〜2月1日、屋久島で山岳遭難者捜索。2008年9月1日、屋久島で山岳遭難者捜索。2010年11月6日、広島県安芸高田市で行方不明者捜索。2011年3月12日〜16日、岩手県上閉伊郡大槌町で行方不明者捜索


犬の繁殖、里親様募集トップページ